寝取られが期待されるゲーム

NTR BLOG(寝取られブログ)

2021年02月

d_197427pr

元奴隷エルフ、ユーリアは仕えていた貴族の子息ステファンと冒険者として生活していた。
しかしユーリアはパーティーの仲間の二人にある秘密を知られてしまい夜な夜な性処理をさせれていた。
チ◯ポを見せられたら、奴隷だった頃の記憶を思い出し抵抗なくしゃぶりついてしまうほど調教されていた。

寝ているステファンの顔に発情したデカ尻を擦り付け彼の顔を自分のマン汁で汚してし、
そして寝ている彼に見せつけるように、顔の上で激しく寝取られる!

酷い事を言われ、みっともない姿で犯されながらも奴隷として生きてきたユーリアは
普段ではありえないほど下品な嬌声を上げ感じまくってしまう

だがユーリアには、さらにステファンに明かせない秘め事があった…

※スカ表現があります、ご注意ください
※修正はサンプルではモザイクですが、本編は黒線になっています

d_196707pr

叔父と共同生活することになったミカ

なんの警戒もせず、いつも通りの日々を過ごしていると
突然、我慢の限界だと叔父に押し倒されてしまう。

叔父とのセックスは、生挿入されただけで絶頂するほどキモチよく
膣からあふれるほど何度も射精され、イかされ続けたのだった…

その日から大好きだった彼氏とのセックスでは満足できなくなってしまったミカ

あの絶頂体験を思い出して、自慰をするもやはり満足できず
もう一度味わいたくて、叔父の好きそうな格好で誘惑することに…

キモチいいことが大好きな姪と性欲が尽きない叔父がヤリまくるとってもエッチな日常がフルカラーに!

d_197669pr

「俺、お前の母さんが好きだ。付き合ってもいいか?」

ある日タカシから聞かされたその驚きの一言が、平凡な日々を過ごす学生の一人だった孝介(こうすけ)の日常を大きく変える事になる。
いや、表面上はほとんど何も変わってはいない。しかしその裏の劇的な変化を孝介は知ることが出来る。なぜなら孝介とタカシは絶対の信頼で結ばれた大親友だから…。

秘かに憧れていた巨乳母の秘め事に、孝介は興奮せざるを得ない!

d_165091pr


昼休み――旧校舎の文芸部の部室。
ふとした出会いから仲良くなった読書好きの女の子、市河いのり。

彼女と過ごす部室での昼食は、二人きりの秘密の時間だった。
可愛くて趣味もあう、これ以上なくまさに理想の彼女(ヒロイン)。

そんな二人の関係に感づいたクラスメイトのやりチン男 陽太は、いのりを罠にかけ堕としにかかる。

『君の彼女 いただきます』

理想の彼女がサイテー男に好き放題にされ、無理やり感じさせられまくっちゃう。

d_197340pr

盗撮により義姉である優姉の弱みを握る亮斗。
亮斗が突き付けた動画には読んではいけない名前を
呼びながらオナニーしてる姿が…。
いいなりにならざる得ない優姉は亮斗が求めるままに
脱ぐとその動画を自分がひそかに思ってる太一へと
つないでしまう!

「それ使ってオナれよそしたら考えてやるw」

配信されてるのに恥ずかしさに身をよじりながらも
いうとおりにローターでクリをいじめる優姉の
まどろっこしさに自ら手を出し恥ずかしめる亮斗

「どうするオ●ンコ使っちゃう?」

優姉の答えは…。

d_195898pr

幼馴染のゆう君のことがずっと好きだった真面目な女子校生ナオ。
勇気を出した告白が実り、ついにゆう君と付き合うことができ
ちょっとやんちゃなゆう君とイチャラブな日々を送っていた。
幸せの絶頂だったナオだったが、生徒指導の中年教師によって
平穏な学生生活は壊されてしまうのだった。

【定番展開】
何が定番かは人によって違うと思いますが、おおよそよくある展開です。
タイトル通り「寝取り」要素強めですが、きっかけが教師による
「脅迫」からになりますので、そういう話が苦手な方はご遠慮ください。

d_196050pr


前作から数日後。あの一件で健司に言えなかった事実を全て知られてしまった朋。
それでも自分を受け入れ、一生守り抜くと約束してくれた健司。

そんな彼と残りの冬休みを幸せに過ごしていた朋だが、そんな中、もう二度と関わる事の無いと思っていたある男と再会してしまい…。
「巨乳イトコがいる休暇3」の凌●ルートの後日談です。

d_196569pr

キャップ、メガネ、シゲさんの男3人組。
車で全国の美味い物巡りの旅をしている。

今日の目的地は広島。
瀬戸内海の山海グルメ、広島風お好み焼き、ラーメン、地酒など広島グルメを何日も堪能していく…3人の食欲は底なしだった。
グルメ三昧の腹ごなしに公園を散歩している最中、シメの逸品を三人は見つけた。

広島の超巨乳美少女。ナナセ。
今時、公園で厚い本を読む文学少女。

シゲさんは巧みな話術でナナセを信用させ、山奥にさらって行った。

誰も来ない草むらで蚊取り線香を焚き、マットレスを敷き、
シゲは泣いて助けを乞うナナセに微笑んだ。

「蚊取り線香の香りは、勃起します」

3人は性欲も底なしだった。
初日のわずかな間だけ抵抗したナナセは、
処女を奪う時にはすでに何度も絶頂させられて身体を支配され、
数日でチンポ中毒に堕ち心も支配されていくナナセ…
終わらない輪●の宴…






↑このページのトップヘ