寝取られが期待されるゲーム

NTR BLOG(寝取られブログ)

脱。童貞おじさん支援計画~無敵の人に愛妻をNTRれまして~

キモ×NTRのキモメン寝取られ100%ADV。

一人にねっとり寝取られ / ヒロインフルボイスなど処女作ながら力入ってる。今後も寝取られ作品を出していくそうです。


空上「離れ木の5日間 after story」混浴温泉に来た夫婦が寝取られたその後(DLsite)
 関連:「離れ木の5日間」とある男の策略で夫の望みよりも深く妻を寝取られてしまうRPG。

2018年12月

d_146366pr

タカシに深くハマっていくマリ姉。
弟との大事な約束も断り増々セックスに溺れていく…。
ギスギスしていく家族を取り戻そうと奔走するユイ姉。
しかしタカシの家で見たものは…!?

黒髪ロングとおっぱいが無常にも激しく揺れる夏の一日…
冬虫夏草4結菜編の始まりです。

d_146367pr

目が見えない幼馴染の早見さんを守ると決めたゆっくん。

だが受験に失敗し別々の学校に…そこに現れたのが毒島だった。
目の見えないことをいいことに早見さんを騙し好き放題する毒島。ついには…。

幼馴染の目の前で隠れてほじくり回しハメまくる…新シリーズ開演です。

RJ237971_img_main


幼くして両親を亡くし、身寄りの無くなった「アイシャ」を
主人公の「レイン」は娘のように育てていた。

5年間一緒に暮らすうちにアイシャはレインに惹かれ
二人は近々婚儀を交わすことに…

だが、幸せな二人の前にレインの過去の罪を知る男が現れ…
甘い日常は崩れ出す…。

fanza_report_2018main

FANZAは10月の「性に関する統計調査」に続き
サイト利用者の「同人に関する統計調査」を発表しました。

レポートの中で、「寝取り・寝取られ」が、
男女別・年齢別・男女別の全てで1位の快挙を達成。

結果の詳細はFANZA公式サイトをチェックしてみてください。

d_146325pr


眉間にシワを作り、その男と問答する佐田道隆(さだ みちたか)。
先輩である鏑木(かぶらぎ)に、代務を頼まれていた。
代務は珍しい事ではない、が、その理由が女遊びの為だと言うのだから、
頼まれる方は渋い顔の一つでもしたくなるだろう。
それに加え、道隆には個人的な理由もあり、鏑木とは極力距離を置きたいと思っていた。
鏑木の女好きは、相手に彼氏が居ても既婚者でもお構いなしなのだ。

d_141497pr

ある日何故かラブラブな彼氏とのハメ撮り動画が流出してしまったひなこちゃん。
それを偶然、近所のよく知るおじさんに身バレしてしまう。

問い詰められたひなこちゃん。
どうしても誰にも知られたくない彼女はおじさんといけない取引をしてしまう。

Best of NTR 2017の呼び声もあり得る作品『彼女があいつにされた事』
このサークルの新作『わたしと彼氏とアイツの事情』が登場!

d_141497jp-007

d_146310pr

年下男子 / 壁越し / 長く連れ添った妻の聞いたことのない甘い声 あたりにピンときたら。

ある日出張で訪れた東京。
まさかそこで、妻が寝取られるのを見ることになるなんて…!

どんなナンパ術も寄せ付けない、オレの愛する妻・久仁子。
久仁子が東京へ買い出しに出掛けたその日、オレもたまたま出張で東京へ向かうことになった。

しかし全くの偶然から、チャラ男と一緒にラブホテルに入ってゆく久仁子の姿を目撃してしまう。

まさか! あの男、どんな手を使った!?
止めなければ…! でも…!

気がつけばオレはホテルの隣の部屋にチェックインしていた。
壁の向こうから聞こえてくる久仁子と男の声。

久仁子は抵抗している。男は久仁子を無理やり犯そうとしているのだ。

助けなければ…! 久仁子が、オレの妻が犯される…!

しかしオレの身体は動かなかった。
いままで感じたことのない興奮を、オレは感じていたのだ。

d_141077pr

大学サークルの先輩 岸本 一真 に新歓で酔わされ、ホテルで処女を奪われてしまった 柏木 美沙紀。
処女を奪われた翌々日、平静を装い 矢野 亮祐 とデートしているところを 岸本 に呼び出される。
その後も 美沙紀 は、岸本 との関係を 亮祐 に隠しながらズルズルと続けてしまう。

d_146268pr

小川家の夫は、自らの性癖のため
妻・ふみ子に他人とセックスをしてもらっていた。

やがてその中の一人の男と連絡を取り合うようになったふみ子は
夫に内緒で逢瀬を重ねる。

夫はその様子を男から伝えてもらっており、
興奮のために妻の火遊びを半ば容認していた。
男も自分や小川・夫の性癖のために利用している関係であった。

しかし妻と男の気持ちが
深化しつつあることを夫は感じていく……






↑このページのトップヘ