RJ380098_ana_img_main

体験版はDLsiteの予告ページからDL出来ます。

経典結社リュダ。

彼等に捕らわれた愛する夫を救うべく、
セギは黒衣を纏い、その身を偽り、愛欲渦巻く『練兵会』へと赴く…。

妻として、母として、戦士として。

プレイ時間は1時間半程度。超ざっくり説明すると

RJ380098_001

【経典結社リュダ】に支配された地方都市が舞台。
【経典結社リュダ】が主催する強者を選抜するための闘技会に強制参加させられることになった住民たち。

闘技会→
住民同士の決闘。一家族から一人を選抜。
戦いに敗れれば男は投獄&強制労働。女はリュダ兵の性処理係。

RJ380098_003

主人公家族からは腕の立つ夫ユイアが出場のはずだったが一回戦終了後【経典結社リュダ】のリーダーの暗殺を企てたとして牢獄行き。
(公式で「無実の罪で」と書かれているが暗殺の計画を立てたのは本当。)

その代わりに妻セギが出場することになる。愛する家族を守るため、妻として、母として…という流れの話でした。

RJ380098_002

経典結社リュダ・ズーテルカ→
故郷でリュダと手を組み反乱を起こした男。ユイア、セギの元同胞。セギの幼馴染。
セギ母を目の前で慰みものにする。

そんな過去の出来事もあり夫婦にとってズーテルカは因縁の相手。
その辺のことも作品冒頭に詳しく語られ
母親が犯されているのをマジックミラー越しに見ていることしか出来なかった幼少期
セギは大人になった今でもその光景を夢に見てはうなされています。

「あの悲劇を再び起こさせない」「そのためには力が必要」とセギの強さはここから来ているようです。

とはいえ暮らしている都市はリョダに支配下にあり二人+子どもは服従するしかありません。
謀反から数年経ち、ズーテルカに顔を忘れられてる可能性に掛けますがそうはいかず(悪い意味で)特別待遇を受けることになります。

体験版ではセギの闘技会の参戦が決定。リュダ兵と肩慣らしするところで終了。

その際に秘薬『マインド・リュダ』を服用するのですがズーテルカからは「身の強化」としか聞かされておらず
副作用「催淫効果」に関しては特に(『マインド・リュダ』進捗状況2(Ci-en))。作用する前に終わってしまった格好ですね。

RJ380098_004

RJ380098_005


サブキャラは、子供の剣術の師匠。夫が病気で闘技会に参加できない友人夫婦ぐらいでした。

システム面でいえばマップにイベントマークが付く親切仕様。
戦闘は雑魚キャラは触れれば吹っ飛ぶので楽ちん。

RJ380098_008

闘技会を勝ち抜くためにダンジョン探索、サブミッション(ギルドの依頼風)、夫の処刑を止めてもらうための組織への上納などもありこちらは私の性格上ダルく思うかも。

エロは焦らし系になりそう。ズーテルカがセギにちょっかいを出す場面はいくつかあり、乳首はコリコリされ
夫と面会中にも扉に邪魔され顔しか確認できないのをいいことにほぼ半裸の状態で裏でこっそりパンツに手を入れられてたりしました。(今からでも抱けるくね?)

RJ380098_006

RJ380098_007

とにかく挿入はないままくちゃくちゃにされてその時に「100年かかってもあなたになんかに靡かない」的な台詞を浴びせるのですが…いまから楽しみですね。

情報ありがとうございました!GWに「ニトロ」コンプしました!

【関連リンク/引用元】
栗pick / Ci-en / Twitter
DLsite(予告ページ)

【関連記事】
新作「マインド・リュダ」情報解禁。秘薬に身を焦がしながら愛する家族のために闘うヒロインの物語。

「C.Uニトロニィル」近未来系SFRPG:その名はビフロ症。望まぬ妊孕を以て完治する稀有の病だった……。
「C.Uニトロニィル」 上空に正体不明の物体が浮かぶ閉鎖都市。女性たちの間には奇病が蔓延し治癒には望まぬ相手との妊娠が必要。
栗Pick 新作RPGのキービジュアル公開! ジャンルSFモノ 18年完成予定
「涙声のギニヨル」プレイ時間約8h 基本CG150枚
「ナナハよ。」 妻ルート終了。シーン数、演出ともに抜群のデキ




RJ380098_ana_img_main