houkokusyo3_main


他鎮守府へ秘書艦代理として出向した那智がヒロインです。

いわゆる「信じて送り出した彼女が」的なお話で、堅物の彼女がヤリ◯ンイケメン提督に落とされる話です。


Xrationの約2年振りの新刊、報告書シリーズの第三巻。

前回までの2巻はロリ体形の艦娘がメインでしたが、今回はむちむち巨乳の妙高型重巡<那智>がメイン。(タイトルと表紙の鹿島は今回も暗躍ポジでエロシーン0なのでそこは注意)

houkokusyo3_c



houkokusyo3_001 houkokusyo3_002

世界観は共通で、今回も鹿島の暗躍によってNTR性癖の提督の艦娘が毒牙に。
提督ガチ恋勢で鹿島から秘書艦の座を奪うと宣言までする那智を、姉の妙高が産休中の他所の鎮守府へ秘書艦研修名目で出向。

その鎮守府の提督はとても有能な提督だが実は大変な好色家で重度のヤリチン。
艦娘をカラダ目当てに次々口説いて手当たり次第にヤりまくる屑提督だった。


houkokusyo3_003 houkokusyo3_004

ダイジェストで五月雨やイタリア・ローマ・日進・曙・漣・潮・照月・摩耶・鳥海等が次々ヤられていく描写。今回のロリ艦娘描写はここで若干補えます・


那智も例外でなく、着任初日に酒で酔わされそのまま処女を奪われ、以降はなし崩し敵に鎮守府内で所構わす犯されまくりどんどん開発されていく。
提督は鹿島に「放っておくと手遅れになりますよ」と言われながらも「俺は那智を信じている」と口先では強気にしているが実は…。

最終的に快楽に負けてしまった那智がヤリチン提督へ愛の言葉を宣言し、
提督の元に帰還して口先では提督への愛情を示すが身体も心も既にヤリチン提督に完堕ちしてる状態で…締め。

houkokusyo3_005 houkokusyo3_006

ちなみに那智の状況は報告書で提督の元に届けられており、
この提督はまた自分の艦娘が他所の男に犯される事で悔しさと興奮でシコりまくった模様。

間が開いたこともあり、今回は60ページの大ボリューム。

最初は嫌悪感と怒りを露わにしていた那智が、何度も何度も犯されていくうちにどんどん快楽に負けていきオンナの顔で喘ぐようになっていくのが最高にエロい。
序盤でしっかり提督への愛情を露わにいているから余計に堕ちっぷりがえろいです。

ちなみに後書きによるとちゃんと鹿島の出番も考えているようで、まだこのシリーズは続くようで期待です。

いつもありがとうございます!!

【関連リンク】
Xration / Pixiv
DLsite
とらのあな
メロンブックス

【関連記事】
【C95】「秘書艦鹿島の報告書」サークル初の艦これ本。
【C96】「秘書艦鹿島の報告書2」今作の主役は瑞鳳。

【C88】「鬼ヶ島の籠絡」 ※シリーズ前作は純愛おねショタ本でした。
「鬼ヶ島の安息」NTR作『籠絡』に続くおばショタ本
【C89】Xration、シリーズ最新作「姦落!鬼ヶ島」 委託販売は年明け

【C86】 シリーズ完結編「姫騎士テイム3」 リュートの前で、オークの慰み者になるイルティナ。
【C86】 「姫騎士テイム補」 嫌がる女冒険者に無慈悲の種付けセックス
【C82】異種間陵辱 「姫騎士テイム2」



RJ369730_img_main