d_213877pr

息子の友達、マサト・ナオキと関係を持って数週間後、
みんなでプールに行くことに。
でも、想像していたプールとは少し違っていて…

マサトくんにハメられ、言いなりになり、
初対面の配達員の男に体をいじられ
町中を行き交う人々の好奇の目にさらされる細目ママ。

遠くから投げかけられる卑猥な言葉に我慢できなくなったママは
またしてもメスの顔になってしまう……

d_213877jp-001


d_213877jp-002

d_213877jp-003

d_213877jp-004

今作は「細目おっとり巨乳ママ」に続編になりますが、
特に内容はないので今作のみでもお楽しみ頂けると思います。

今回はマサトくんが主体です。(ナオキくんのパートも数ページですがあります。)

やっぱり目は最後まで開けません。

全編ほぼマサト単独でママンを堕としにくる。

気の弱いナオキは拒否られて以来 手を出してこなくなり
マサトはちょっかいを出してくるがママンがなんとか防御する日々@夏休み中。

しかしマサトは ナオキを見張り役にして息子を家の中に閉じ込めると
庭に設営した家庭用プールの中でママンと二人っきりのシチュエーションを作ることに成功する。
hosome2_001

前戯で高めるだけ高められると 半ば合意の形で再び本番を許してしまう。

「家中マーキングしたかったんだよね!」というマサトの言葉通り
家族団らんのソファやキッチン、お風呂場などで犯され、
ついには息子サトルの部屋のベッドの上で欲望のタガが外れてしまう。

今作はほぼマサキによるもので、ラストに犯され尽くし寝てしまったママンに
ナオキがおこぼれに与る形で犯すのが四ページと

プールでイタズラされているときに荷物を届けにやってきた宅配業者のお兄さんに
マサトが主体となって前戯させ射精させる(本番なし)二ページのみ。

貞淑な妻を装っているけど根はスケベ。『我慢しなきゃ』と思う気持ちとは裏腹に次第に欲しくなってきちゃって、チンポ当てがわれても抵抗は言葉だけ。腰を使われると下品にお゛お゛っ♥と喘いでしまう。

その場所が息子のベッドの上で、息子の同級生相手ってのが背徳感増し増し。

ナオキメインの続編の構想はあるそうですが、描くかどうかは未定のようです。>あとがき

【関連リンク/引用元】
シニストラ(Twitter)
FANZAダウンロード

【関連記事】
「細目おっとり巨乳ママ。」相手は息子の同級生。漫画46ページ



d_213877pr

d_199425pr