s011akamj00818pl

コミックホットミルク 2021年10月号には1話と2話がダブル掲載されています。

妹は兄の肉棒を咥える。お互い、怯えながら望んでいた関係だった。

兄妹はデートし、映画館で痴●ごっこを愉しむ。トイレの立ちマンでは、妹の濡れ膣の光景に驚き、 おまえ、ヒロにヤられてこんなに感じる躰になっていたのか…と驚く。

二人で寄ったホテルでは、妹の口淫の巧みさに、ヒロの存在を脳裏に思い浮かべ、妹は、あたし本気やから、お兄ちゃんも迷わんといて…と絆を強めていく。

▼の続き。


2話は兄妹のオール近親相姦回(36ページ)。

表紙絵のとおり1話のあと洗面所でフェラ抜きに突入。

s011akamj00818_01

s011akamj00818_02

s011akamj00818_03

その翌日は映画館からビジネスホテルのコースで
しっかりとお互いの気持ちを確認すると(妹も兄ラブ)、
これまでの鬱憤を晴らすかのように、何度も、濃厚に絡む。

s011akamj00818_04

▲「得意」と豪語するフェラに、男の存在がチラつく。

純真無垢だった妹と性が頭の中で結びつかず混乱する兄。
そしてこうなってしまったのは
家で抱かれる妹を見てみぬフリをし続けた自分のせいだと責める。

本命はあっちなんだろ、とこれで終わりにしようと提案するも
妹のお兄ちゃんラブは止まらず「わたしが本気なのわかってほしい」と
今度はベッドで兄の上になり積極的に腰を振る。×2

再びもう一方の兄との関係を再確認し、馴れ初め?も明かされる。

そしてついに兄のほうも吹っ切れ 妹を守ると固く誓うのだが…

『俺はまつりを一生守ると決めた そして守れると思っていた』

と地獄のナレーション。3話に続く。

純愛回でありながら妹の性技に男の影響を強く感じられる、3話へのいい橋渡し回でした。

意外だったのは兄のチ○コ(いやこれはペニスと呼ぶにふさわしい)が立派で
こちらもまた妹の子宮口をガシガシ責めている点。今後どのような展開になるのか気になる。

【関連リンク/引用元】
コアマガジンWeb
DLsite
FANZAブックスコミックホットミルク 2021年10月号

【関連記事】
【おすすめ】「秋桜が咲いた日に 第一話」父の再婚相手の連れ子に、妹を寝取られる漫画。(荒井啓/コミックホットミルク2021年10月号)



s011akamj00800pl s011akamj00818pl