RJ277339_img_main

若き騎士である主人公は、二年前の戦いから消息を絶っていた親しい女騎士、
スカーレットが今も生きているかどうか、わずかな可能性を求めて
駐在している城塞都市をくまなく探し回っていた。

ある日、「赤目の娼婦がいる」という情報から
貧民街の娼館に向かった主人公は、そこでスカーレットと再会した。
胸元を大胆に開き、ブロンドは白く色が落ちた変わり果てた姿で。
さらに彼女は、騎士であった時の記憶を全て失っていた。

受け入れがたい事実、不意に見てしまった目を逸らしたくなる光景。
主人公は絶望しかけるが、それでもなお失った大切なものを取り戻すため、
記憶のないスカーレットの元に通い、真摯に向き合っていく。
そしてついに彼女は記憶を取り戻し、本当の意味で心が通じ合うが―――

残酷な世界の中での、ひたすらに甘く優しく、愛しい二人の歩み。
この二人の結末には寝取られも死別も相応しくない。
最後まで物語を見届けた貴方は、きっとこの純愛に頭を殴られる。

RJ277339_img_smp2

RJ277339_img_smp3


平民生まれで蔑まれていた騎士の主人公が、分け隔てなく接してくれた金髪赤目の女騎士のヒロインと心を通わせるも戦争により二人は離別。
行方不明になった彼女を主人公は2年間かけて探し、ついに見つけ出すが、彼女は記憶を失っていて、しかも彼女は娼婦になっていた…というお話。


NTR該当シーンは1シーン(CG有り)。

RJ277339_01

主人公が彼女に過去の話を打ち明けられず、プラトニックな関係のまま、娼館に通うのが続いたある日、彼女が常連客に貸し切りされている時間に来てしまう。

引き返そうとするも、主人公とヒロインの関係をワケ有りだと察していた娼館主が、主人公を覗き部屋へ案内する。
見てはいけないと思いつつも、主人公はヒロインが他の男相手に媚を売りセックスする姿を最後まで覗き見てしまう。

その後、なんだかんだあってヒロインは記憶を取り戻し、主人公とラブラブになる。
しかし、記憶が戻ってもヒロインの娼婦の仕事は続く。記憶を取り戻したことで、未来に絶望していたヒロインの性格は明るくなるが、男受けも良くなってしまい、ヒロインは以前よりも人気の娼婦になってしまうのだった…

該当シーンの相手男は、乱暴なプレイを好む中年の貴族。しかし、そんな客相手でも媚を売らなければならないヒロインの姿とそれを止められない主人公が哀れみを誘う。
ヒロインが記憶を取り戻してからの、他の客とのセックス描写は残念ながら無し。NTR好きとしては、ここを描写してほしかった。

物語面が強く、読み物としても十分に読める作品だと思います。

RJ277339_img_smp7 RJ277339_img_smp8
RJ277339_img_smp9 RJ277339_img_smp10

レビューありがとうございました。上でも触れられてますが本編がボリューミーな割に要素はちょこっとなので注意です。

【関連リンク/引用元】
ナサニエル帝国(Twitter) / Pixiv
DLsite



RJ277339_img_main