RJ278866_img_main

寝てるフリが得意な地味女子、花柳唯は
男友達の岡田敦と学校帰りに公園でお喋りする事が日課になっていた。
付き合ってはいないものの、お互い何となく両想いな気がする…そんな微妙な関係。
そして、敦の突然のキスから二人は晴れて付き合う事になった。

「これから敦君と、たくさんの初めてを経験していくんだ。」

どん詰まりの日常から、一筋の希望を手に入れた矢先…
幼馴染のチャラ男に掘り返される、恥ずかしすぎる黒歴史。

恋人とのささやかな幸せを守るため…過去の自分と決別するため…
黒歴史をチャラにする事を条件に、チャラ男とホテルに入っていく…

RJ278866_img_smp5


RJ278866_img_smp1

RJ278866_img_smp2



RJ278866_01

陽キャだった過去(黒歴史)バラすぞとか鬼かな…

陰キャヒロイン・花柳唯の特技は透明人間になること。放課後クラスメイトのまばらな教室で机に突っ伏していると陽キャな会話が耳に入ってくる。
会話の中心にいるのは昔仲の良かった男の子・望月直哉。性とは何かも知らなかった時分に、恥ずかしがり屋な彼の下半身を触って遊んだことがある。今となっては忘れたい過去だしキャラはその頃とまったく逆転している。

最近できた奥手な彼氏を踊り場で待っていると直哉とバッタリ。ぎこちないながらも知らない仲じゃないからやや一方的ながらも会話をしていると話題は触れられたくない昔の話に。おもむろに唯のスカートの間に足を突っ込まれ戸惑うも逃げ場はなし。
唯が強く出てこれないことを察した直哉はその黒歴史をネタにホテルへ誘ってくる。

RJ278866_02

ホテルでのシーンは最後まで受け身。彼氏への言い訳を考えつつも本当のところエロい女の本性発揮。「全部知られている」直哉の責めに敏感に反応してしまう。
前戯から丁寧に段階を踏まれ下着に染みを作ると初めてにも関わらず挿れられた瞬間に達する根っからのドスケベぶり。

RJ278866_03

彼氏からの電話に出るも適当な嘘でその場を乗り切り。直哉が満足するまで何度も絡む。(19ページ)

2つ目は器械体操のレオタードを着て、ひと気のない体育倉庫で。ホテルでは拒んでいたキスも解禁。積極的に舌を絡めるようになっている。(6ページ)


RJ278866_img_smp3

RJ278866_img_smp4

奥手な彼氏より陽キャな直哉を選ぶ終わり方。ジャンルでいうと浮気・心変わり系。望まぬセックス、でも昔からの顔なじみ設定からくるイチャつきがたまらない。ホテルでのシーンは前戯、本番ともにそこそこのボリューム。特に前戯のヒロインの反応のウブさにはぐっとくる。彼氏の登場回数こそ多いが最後までバレなし。

メールありがとうございました

【関連リンク/引用元】
DLsite
FANZAダウンロード

【関連記事】
「猿の尻笑い」恵体持ちの陰キャ彼女が教師に目をつけられMな本性を暴かれる



RJ278866_img_main