d_159617pr

青水庵さんの「陰キャ美少女は、担任に犯されてもイキまくる」シリーズ最新作。
前作に比べNTR(寝取り)要素は強めになっていました。

陰キャ美少女は、担任に犯されてもイキまくる

d_134251pr

少女は実りすぎてきた
"大人びた"では説明できない発育に教師は強姦未遂

男子からは不純な好意を抱かれて
女子からはうとまれていた

眠らな性格もわざわいした
そんな幸薄美少女の仕草、無防備さは
意図せず周りに劣情を抱かせ

ついに担任に犯されてしまう

吉沢 茜。学生の身ながらながら大人びた色気があり
何より年齢に不釣り合いなスタイルで同級生の注目の的。

過去には理性のブレーキが効かなくなり
教え子である茜を襲って退学となった教師が数名…。

本シリーズの主人公はそんな彼らと同じく茜に対し理性を失ってしまった教師である。


d_134251jp-001 d_134251jp-002

その恵まれた身体で同性からの妬みからイジメの標的になった茜。
トイレの最中に水を掛けられ、教師である主人公の元に相談に来る。

全身ずぶ濡れで体育教官室へとやってきた茜は無意識に男を刺激してしまう。


d_134251jp-003 d_134251jp-004

d_134251jp-005

1の寝取られ(寝取り)要素は薄め。
体育教官室で茜が処女ではないと知る場面(相手はいとこで「断れなくて…」)
彼女には片思いの相手がいることぐらい。で、2では彼がいい立ち回りしてくれる。


陰キャ美少女は、担任に犯されてもイキまくる2

d_159617pr

人世に疲れた男の巨根は
守るべき生徒の"ナカ"を容赦なく無慈悲に自由にむさぼる

しかし幸か不幸か…雌として完成されていた少女のカラダは
オスとの相性も人並み外れて良く…

好いた男子よりも、"女"にされたカラダは…
陵辱を次第に 純愛へと変えていった

1に比べると茜寄りの視点が多くなっている。

片思いの相手に廊下で声を掛けられたり
(向こうも茜のことが好きで彼女のことで同級生と盛り上がる)
サッカー部に所属している彼の練習風景を放課後教室から見てたりetc

いずれのシーンでも教師である主人公が絡んでくる。

d_159617jp-001 d_159617jp-002

d_159617jp-003 d_159617jp-004

廊下の場面では声を掛けられたことに気づいてないフリをして走り去るが
主人公の命令で直前の性交で出された精液を口に含んだ状態だったり

練習風景を見ている背後からガバッと襲いそのままセックスに持ち込んだり

いずれも「寝取り」だが、要素としては1より強くなっていました。

d_159617jp-005 d_159617jp-006

d_159617jp-007

作品としては陰キャヒロインが淫乱に堕とされ開発されてく内容で
陽キャにキャラ変した主人公教師の虜になっていく流れでした。

特に最後の片思いの男よりも目の前のち○こを優先し、
放課後の教室で貪ってしまうあたりは堕ち方として最高です。

エロに関しては申し分ないが、NTR要素を期待しすぎるのは禁物です。

【関連リンク/引用元】
青水庵 / Twitter
陰キャ美少女は、担任に犯されてもイキまくる(FANZA)
(9/26まで半額キャンペーン中!)
陰キャ美少女は、担任に犯されてもイキまくる2(FANZA)

【関連記事】
「現役女子大生と、いやらしいドン勝」勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!



d_134251pr
d_159617pr