d_153126pr

憧れていた同級生"舞花"と
付き合うことになった"僕"

同級生の不良に目を付けられていた彼女
下校途中のいざこざで 僕と彼女はさらわれてしまう

『ゲームで勝ったら無事に帰らせてやる
ルールは…《10分間 愛撫に耐えて声を出さないこと・・!!》』

ヒロイン<舞花>は拳法の師範をしている父に幼い頃から鍛えられていたこともあって
その見た目に反して腕が立つ。この日も同級生が不良に絡まれていたところを止めに入り
不良グループの男を瞬殺。それに激昂した男が椅子を持ち出し振り下ろしたところに
とっさに主人公が割って入る。主人公は保健室送りになってしまうが
その出来事がきっかけで舞花との関係が深まりふたりは付き合うことに。

d_153126jp-001

付き合って数ヶ月。キス以上の進展がないまま
両親が不在のタイミングで舞花の家に誘われた主人公。

家に向かう道中、退学処分を受けた悪中の悪の相楽大悟に行く手を阻まれる。
突然出てきたガタイのいい青年をボッコボコにして力の差を見せつけると
彼の頭にクリティカルヒットした舞花の蹴りも効いてない模様。

足かせ(主人公)がある状態では彼の言うことを聞かないと
被害が大きくなるだけだと判断した舞花はホテルへ連れ込まれる。


d_153126jp-002

ここで例のゲームをさせられる。

「10分間愛撫声我慢ゲーム」のルールは以下の通り

1.暴力はなし
2.触れられるのは肌の露出部分のみ
3.声を出したら10分延長&服を一枚脱ぐ
4.脱ぐものは男が決める
5.脱ぐものがなくなったら負け=SEX

彼氏と子分2人(舞花がボコったやつ含む)が見守る中ゲームスタート。

考えてみると声を出して10分加算、脱衣で愛撫できる場所を増やし…では勝ち目なし。

男の巧みなテクニックに声は僅かではではあるが漏れてしまい、周りに「お~!!」と囃し立てられる。 口唇…耳…首筋ときた頃にはついには下着まで取られる、男の「仕上げ」。

d_153126jp-003

秘所を指と舌で同時に責められ、
息絶え絶えだった舞花は(時間は20分とたっぷりある)ついに声を上げ絶頂してしまう。

主人公も絶望の「あきらめ」ムード。30分近く男の責めに耐えた彼女の体は
もう限界を超えてるようにも見える。残しておいたブラを取ると
改めて胸を堪能し尽くされると、咥えきれないほど大きな巨根の奉仕をさせられる。
ここでもしっかり「お前が手を抜くと、彼氏が~」と脅しを入れ奉仕に熱を込めさせる。

その後本番。前戯でさんざん游ばれた身体は~な感じで、ヒロイン自身が戸惑うほど
巨根を受け入れてしまう。本番は一度では終わらず、混ぜてくれよ~と寄ってくる
子分を目で牽制するほどの男の熱の入れよう。体格を活かした対面騎乗位に
気持ちいい場所まで探し当てられーの、繋がりながらのベロチュー。

d_153126jp-004

最後は「中でいいんだな?」の問に「中でいいから!」と見事な快楽落ち。


力とでかいちんこが欲しい。そう思わせてくれる作品でした…

d_153126_smp

感じて電気が走る表現と仰け反りがエロいなあ。

あと周りに観客がいて 恥ずかしいけど感じちゃうも男のロマンよね。
同級生の視線集めまくってるデカパイは本番直前に解禁ってのも憎い演出。

所謂「見せつけ」だけど男が彼氏を意識したり
絶望している彼氏が見切れたりっていうシーンはありませんでした。

出番で言えば、プレイを見ての心の声ぐらいです。

【関連リンク/引用元】
FANZAダウンロード



d_153126pr