d_122111pr

○校デビューを果たした彼女が どんどん魅力的に成っていき
よその男に狙われるようになって 生徒会室という密室で寝取られる。オススメです。
合格発表の夜、ついに初めて同士で結ばれた幼馴染の翔太と梓。
元々優等生だったことに加え、進学を機にイメチェンした梓が生き生きしているのに比べ
梓と一緒の学校に入るため受験を頑張っていた翔太は、勉強についていくのに精一杯。

そんなある日、梓から「生徒会に誘われた」と相談を受けた翔太は、
「俺なんかが梓の邪魔をしちゃだめだ」と生徒会への入会を薦めてしまう。

学校で二人で過ごせる時間は減ってしまったが、
梓は生徒会で忙しい合間を縫って「大好きだよ」と電話をくれる。
夏休み、艶やかな浴衣姿で恥ずかしそうにもじもじとしていた梓。
文化祭、準備のため泊まりがけで生徒会室に詰めていたらしい梓。
梓に会えない日が続く。

ある日の放課後、久しぶりに梓と二人で過ごせると知った翔太は、待ちきれず生徒会室に梓を迎えに行く。
そこで梓の「秘密」を知ることになるとは知らずに――。

ふたつ結びだった髪を下ろし、
眼鏡をコンタクトに変えたヒロインが可愛い…。

d_122111_004s

同じ高校に進学した幼馴染のふたり。

授業についてくのに精一杯の翔太とは対称的に
もともと優秀な梓は社交的で友人も多く、さらにイメチェン効果か
彼氏の翔太の耳にも男子が梓の話をしているのが入ってくるほど。

そんな折、梓から生徒会に誘われたと相談される。
翔太と一緒の時間を削られることを懸念する梓だったが
翔太から薦められ 入部を決める。

生徒会は、会長の男1人、女子2人の、計3人。

つい先日"とある事情"で書記が辞めたらしい…。

d_122111_006s

・それ以来、梓の様子がおかしいことを心配する翔太。
・一緒のお昼もモゾモゾ。落ち着かないようす

・(梓視点)会長の命令で彼氏といる間もリモバイ着用強要。
→恥ずかしい言葉と引き換えに電源OFF。

・夏祭り。色気を増した彼女の浴衣姿に欲望が抑えられず
人目を避けいちゃいちゃ。「(こんなキス上手かったっけ)」
フェラで口内に暴発。

二学期に入り文化祭の準備が始まるとさらに梓と一緒の時間が無くなっていく。
そしてついに翔太は生徒会の秘密を知ることとなる。

初めは生徒会室をこっそりのぞく軽い気持ちだった。
ところがアポなしで訪ねた生徒会室はもぬけの殻。さらに部屋に足を踏み入れると
奥の部屋から物音が…

・会長に立ちバックで突かれる梓の姿が
止めに入ろうとするも鍵がかかっておりドアが開かない。

そこを生徒会の女子に見つかり「これを見ても静止に入れる?」と彼女がどんな目に遭ってたかハンディーカムで見せられる。
初日に会長に迫られる様子や…対面騎乗位で責められる姿…気持ちよくなってる顔をカメラに強引に映される…
「正直になるまで終わらないよ」と追い詰められ白状する彼女…など。

d_122111_022s

・事実を知りショックを受ける翔太。
・生徒会の女子にうつ勃起したち○こを口で慰められる。

・彼女の喘ぎ声は聞こえるが会話の詳細はわからずモヤモヤ。
・梓は正常位、騎乗位、バックで三回絶頂。

d_122111_028s

・一緒にイクと約束した正常で我慢できず先に達してしまい「ごめんなさい!(ビクビク」
・彼氏を待たせているんだろうと煽られ騎乗位で積極的に腰を使うが
ポルチオを狙われ会長の胸の上で痙攣。
・ドアの向こうに彼氏がいるとも知らず恥ずかしい言葉を誘導されフィニッシュ(ついでに翔太も女の口の中で果てる)。

浴衣にパン線浮かせている時点で手慣れの犯行だとわかった。

d_122111_015s

初めて毒牙にかかった日の対面騎乗位で(後ろで表情が確認できないとこがイイ)
梓が非処女とわかり落胆する会長だったが(梓の反応からわかってるくせに余裕の)彼氏とどっちがいいか確認。
彼女の口から否定を引き出しておいて「クリ逝きお漏らし」の事実を突きつける。
快楽も否定させておいて直後に激しく突いて白状させたり会長のキャラも素晴らしい。

特に最後のシーンは、会長にいいように玩ばれてる感じと
彼女の喘ぎ声聞かされながら(会話の「何度も関係を持ってる感じ」がダメージでかい)慰められる惨めさも相まって
かなり実用性の高いシーンになってるんじゃないかと思われる。

コマ割りも細かいし展開も丁寧で決して高い値段じゃないと思う。オススメです。

【関連リンク/引用元】
DMMダウンロード(独占)



d_122111pr