d_113797pr

知的でクールな先輩があんなチャラ男に…!!

僕が知っている先輩はいつも黙々と読書をし、勉学に励んでいる
そんな先輩が僕の見たことのない顔…聞いたことの無い声を…!!
あれは本当に同じ人間なのか!?こんな事…何かの悪い夢だ!現実なわけがない!

先輩と過ごした日々、場所、あの日僕だけに見せてくれた笑顔
僕と先輩を繋ぐ大切な物すべてがあの男によって穢されてゆく…

堅物ヒロインがチャラ男の口車に乗せられて
ホテルに連れ込まれ、純潔を奪われてしまう作品。

d_113797_001

「自分が誰が好き」で「人を好きになる気持ち」すら把握できてない無垢(無知)っぷり。
廊下ですれ違ったときからチャラ男にロックオンされていたヒロインは
たまたまその情報を知ったチャラ男の策略で男と女とは何たるかを教えてあげると誘われます。

最初こそ相手にしなかったヒロインですが売り言葉に買い言葉
相手の挑発に乗ってしまいます。

d_113797_002

ホテルで純潔を奪われるシーン。
何度もストップをかけるが聞いてくれるわけもなく
この時点では快楽より戸惑い、不安の方が割合多くなってます。

1.ホテルで破瓜シーン(ゴム有り)
2.いつもふたりきりで読書する部屋(部室)に
チャラ男も付いてくる。主人公の死角から男の手が伸びて
気づかれないよう机の下で玩ばれるヒロイン。
3.先輩と男の言い争う声。本棚の隙間から覗いていると…(ゴム無し)

ヒロインが自分の気持ちに気づいた時にはもう既に
身体は好きでない男に汚されていて、という救いのないオチ。

d_113797_003
▲2度目は快楽に翻弄される。避妊具なしだと相手のカタチが直に伝わってきて…

ホテルの1回目とは違って、チ○コが馴染んで体が反応しちゃう最後のシーン好きだあ。

主人公に聞かれていることを知らず、男から淫語引き出され
イクことを覚えさせられてしまいます。最後のシーンは特にキス多めで良かったです。

【関連リンク/引用元】
Pixiv(丁髷帝国)
DMMダウンロード



d_113797pr