d_103863pr

基本CG11枚 差分込み84枚 全編主人公視点の、寝取り作品

小澤優子は男子達の憧れだった。
誰にでも優しい性格で学級委員長も努め、可愛くて胸も大きい。
男なら一度は憧れる……そんな存在。
だからか、クラスでは彼女には手を出してはいけない。
そんな暗黙のルールがあった。

でも、僕の親友がそのルールを破った。
みんなにバレないように密かに告白し、付い合いだした。
親友だからと、彼は僕にその事実を告げる。
僕の方がずっと、ずっと、ずっと最初に彼女を好きになったのに……!

これは裏切られた僕が親友への復讐として親友の彼女を、彼女の体を独占していく。
そんな話だ。

d_103863jp-001

ガチめなやつはあまり好きじゃないんだけど
それでも良かった。

→自宅のベッドに押し倒してレ●プ(女は経験済み)
→写真をネタに脅して、繰り返し関係を持つ

DMMのレビューの中には「ヒロインの抵抗がイマイチ」という意見もあるようですが
ぶっ飛んじゃった主人公に対して
正攻法で諭すのを諦めたようなヒロインの言動が
やけに生っぽくて良かったです。

d_103863jp-002

前戯を終えズボンを下ろしチンコを露出した主人公に
「この事は誰にも言わないから、ね?」

亀頭を入り口に擦りつけまさに挿れようとする直前
「もう少しちゃんと話ししよ?」

主人公を「頭がおかしい人だ」と結論づけたヒロインは
彼氏への気持ちを言葉にして、
主人公を口撃しては抵抗します。
そんな風にして心もカラダも暫くは耐えることができましたが、
カラダの相性が良く、声を我慢することはできなくなっていきます。

以降のシーンは "ダメなんだけど感じちゃう"。
ケダモノのように腰振るだけだった主人公も余裕ができて、Sに振る舞って、羞恥心と罪悪感を煽るようになります。
最終的には完堕ちです。

d_103863jp-003

校舎裏でH(主人公に対して)「最低」×3

終盤「こんな最低なエッチ(彼氏を裏切る)が辞められないの」
怒りの矛先が主人公だけでなく
エロに嵌っていく自分にも向かっていき
自分を責める台詞に変化していくのが好き。

【関連リンク/引用元】
MORE Official Web Site
DMMダウンロード



d_103863pr