RJ146401_img_main

遥かな昔、魔族の王エーデリウスに支配されていた世界は
一人の英雄によって救われた。

それから1000年後。

辺境の村ミクスに住む青年ミストは、かつて世界を救った英雄の子孫である。
しかし彼は英雄の子孫といえる力を何も持っておらず、村一番の最弱。
彼を信じ期待を寄せる者もいたが、彼にとっては迷惑でしかなかった。
幼なじみのエリシアもその中にいた。

そんなある日、彼の運命を大きく変える出来事が起こる……。

捕虜システム

RJ146401_img_smp1

戦闘に負けてしまうとヒロインは敵に捕まってしまいます。
捕まったヒロインはダンジョンのどこかにある敵のアジトに連れて行かれます。


RJ146401_img_smp2

捕まってすぐには何も起きませんが、
時間を経過させるような事をすると好感度が下がります。

好感度が下がると最初は敵に抵抗していたヒロインも
主人公が助けに来てくれない事を悟り、諦めてしまいます。

誰に寝取られるのか、そして守りぬく事が出来るのか

物語は、ある理由によりヒロインと主人公が村を後にするところから始まります。
ヒロインが魅力的であるが故に、旅の先々で狙われることに。
そして戦闘で負けると、捕虜として連れ去られてしまうことに…!?
信じて待ってくれているヒロインのため、主人公は彼女の元へ急ぐが…?
といった内容となっております。

しかし、これはあくまでもゲーム内容の一部です。
彼女を狙っているのは、敵だけではありません。
果たして「彼」を信用して良いのでしょうか…


イベント回想も完備されており、その数も同人作品としてはかなりの量です。
それぞれのシーンのテキストも長く、実用性抜群です。

NTRのツボを突いた良作

寝取られもの大好きなんですが中々良いシチュを突いた作品です。
視点は男主人公メイン。女主人公で寝取られるのもいいですが、やはり男視点から寝取られるのはそそるものがあります。

ゲームは最初こそ立ち上がりが遅いといいますか、多少だるい部分はあります。男主人公がとても弱く、周囲からも馬鹿にされるタイプ。
正直、主人公下げで寝取られものっていうのはちょっとと思いましたが、主人公もいろいろ鬱屈しつつもヒロインを守りきってやるという意思が見えて不思議と応援したくなりました。
それゆえに盗賊に浚われて寝取られたときのカタルシスはなかなかよかったです。

シーン差分がかなり多い。(CGは使い回し多めらしい)
エロく堕ちてはいるが、過程のあるシーンが今のところ無いなあ…。

【関連リンク/引用元】
Pixiv
DLsite




SHADOWCORE